読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.A★Ms.Z

正義のヒーローMr.Aの公式ブログ!正義バトルを刮目せよ!

意味がわかると怖い話!?

 

f:id:mina8952worksX:20160725171052j:plain

やあ、みんな!

暑い日が続くな!

こんな日は怖い話を読んで、

ちょっと涼しくなりたいものだな!

 

と、言うことで、今回は、

怖い話を持ってきた!

しかも、ただ怖い話ではない!

 

意味がわかると怖い話だ!

 

今回は、解説付きでみんなに楽しんでもらうぞ!

 

 

では、、、、

 

スタート!!!

 

 

第1話ワケの分からないこと


俺が公園のベンチに座っていると、突然知らない女が話しかけてきた。
女はワケのわからないことを俺に言ってくる。
気持ち悪い女だと思い適当にあしらって帰ろうとしたが、
いきなり俺の妻は死んだとか言いだしたので、頭にきて怒鳴りつけてやった。
それでも女は俺の後をついてきた。
気味が悪いので早足で帰っていると、今度は見知らぬ男が話しかけてきた。
いったいなんなんだこいつらはと思ったが、
男のほうは話してみると意外といい奴みたいだった。
男の名前を聞くと、驚いたことに去年生まれた息子と同じ名前だった。
俺がそのことを伝えると、男は困ったように笑った。
こんな偶然もあるものなのだな。家に着いたら、妻に話してやろう。
しかし、この男と女はどこまで着いてくる気なのだろう?

 

 

【解説】
『去年生まれた息子と同じ名前だった。』
『俺がそのことを伝えると、男は困ったように笑った。』

男は語り手の息子だった。
そのため、反応に困り笑うしかなかった。
『この男と女はどこまで着いてくる気なのだろう?』
着いてくるのも一緒に住んでいるから。

『突然知らない女が話しかけてきた』
『いきなり俺の妻は死んだとか言いだした』

知らない女性が娘であれば「お母さん」と言うはず。
しかし、『俺の妻』と言っていることから、
見知らぬ女性は「お母さん」ではなく、名前で呼んだ。
つまり、息子の妻。

語り手はおそらく認知症となり、
最近の記憶がなくなり、息子が生まれて一年までの記憶となっているのだろう。

 

 

 第2話風邪


「よう!久しぶり!」

「久しぶり…ゴホ!ゴホっ!」

「どうした?風邪か?」

「ああ悪性のインフルらしい。今、家で寝てるとこ」

「インフルかよ。物騒だな。気をつけろよ」

「本当最近物騒だよ。近所では通り魔事件が多発してるらしいし」

「何だそれ」

「何でも突然部屋に入ってきて後ろからロープで首をギュッ、といくらしい」

「何それ。気付くだろ。普通。まあ俺なら即返り討ちにしてやっけどな」

「返り討ち?言うねー、そんなマジキチ相手に?」

「余裕っしょ!」

「マジでか。でさ………ゴっ!ごほっ!ゴホっ!ゴホおっ!!」

「おいおい大丈夫かよ?」

「………わりい。大丈夫大丈夫。風邪ひどくなってきた」

「大丈夫か。声変わってんぞ」

「ああ…ところで今度お前んち行きたいんだけどさ。道教えてくんない?」

「おいおい。何回も来たことあるだろ?」

「忘れちまった。住所教えてくれたら行くよ」

「しょうがねえな。XXXX町XXXX番地な。もう忘れんなよ」

「わかった。今度必ず行く」

「じゃ安静にな」

「ああ」

 


【解説】
電話の途中で友人が通り魔に殺された。

「マジでか。でさ………ゴっ!ごほっ!ゴホっ!ゴホおっ!!」
は咳ではなく首を絞められて殺されている。


その後の
「大丈夫か。声変わってんぞ」は通り魔と入れ替わっている!?

 

 

 

 

 

 

こんな通り魔など、私がパンチしてやる!!!

f:id:mina8952worksX:20160725172959j:plain

 

 

 

 

 f:id:mina8952worksX:20160723185035j:plain

ちょっと!怖い話はどうなったのよ!?

 

もう、しょうがないわね!みんなごめんなさいね!

もっと読みたい人はこういうところを参考にしてみて!

matome.naver.jp